公共工事 - 施工事例

盛岡西青山合同公舎

施工のポイント

盛岡西青山の合同庁舎の屋根と手すりの修繕・塗装を行いました。

1号棟と2号棟の全景は施工前と比べると外観に大きな変化はありませんが、屋根の塗装は雨漏りを防ぎ、手すりの塗装は金属の腐食を防ぎます。

塗装は建物をキレイに見せるだけでは無く、より長持ちさせるために必要不可欠な事なのです。

住所 岩手県盛岡市
施工部位 屋根と手すりの修繕・塗装

施工前の1号棟と2号棟の全景

施工前
施工前

今回はこちらの屋根と手すりの修繕と塗装を行いました。

施工前

塗装を円滑に進めるため、足場を組みます。

作業員の安全とお客様の安心の為に、しっかりと施工します。

素地の調整

素地の調整
素地の調整

掃除道具を使って屋根の汚れを落とします。

こうすることで塗装面と塗料がしっかりとくっつき、塗料が剥がれることを防いでくれます。

素地の調整

屋根の損傷部分も塗装前に修復します。

これらの工程は素地の調整と呼ばれ、塗装前には無くてはならない作業です。

塗料

今回使った塗料などが保管されています。

備品は常に整理整頓し、いつでも取り出せるようにしています。

塗装

塗装は複数回に分けて行います。

そうすることで塗料の強度と防水性が高まりより剥がれにくくなります。

手すりの塗装
手すりの塗装

手すりの塗装でも同様に、複数回に分けて丁寧に行います。

施工後の手すり

施工後の手すり

塗装前は錆による腐食が進行していましたが、新品のように生まれ変わりました。

施工後の1号棟と2号棟の全景

施工後
施工後

施工前と比べると外観に大きな変化はありません。

ですが、屋根の塗装は雨漏りを防ぎ、手すりの塗装は金属の腐食を防ぎます。

塗装は建物をキレイに見せるだけでは無く、より長持ちさせるために必要不可欠な事なのです。