公共工事 - 施工事例

釜石甲子町社宅

施工のポイント

今回は、釜石市にあるこちらの社宅の修繕と塗装を行いました。

ひび割れや浮きなどのトラブルは必ず起こります。

建物をより長く維持するためにメンテナンスは欠かせないのです。

ですが、一番大切なのはそれをいつ行うかです。発見が遅れれば補修にはより多くの時間と費用が掛かってしまいます。

ぜひ皆様も、早期発見を心がけて辺りを見回してみてはいかがでしょうか。

住所 岩手県釜石市
施工部位 外壁・庇塗装修繕

施工前

施工前
施工前

周辺住民の安全確保

胴縁(どうぶち)の取り付け

何事においても最も尊重されるのは人命です。

作業員の安全はもちろん、周辺住民の皆様の安全も考慮しなければなりません。

このようなありふれた立ち入り禁止措置も、双方の安全を守る上で無くてはならない大切な存在なのです。

胴縁(どうぶち)の取り付け

施工範囲が高所に及び場合は、足場を組んで作業場所を確保しなければなりません。

今回のように、足場が建物の出入口と近い場合、人との接触を避けるため支柱部分に柔らかいカバーを取り付けます。

ひび割れの補修

透湿シートの取り付け
透湿シートの取り付け

鉄筋コンクリートの建物は非常にヒビが入りやすいです。

原因は様々ありますが、放置すれば建物にとって悪影響であるという点に違いはありません。

なので、エポキシ樹脂という液体を注入してひび割れをふさぎます。

この作業は外壁の調査、ひび割れのマーキング、樹脂の準備などやることが非常に多く、効率よく行うために複数で分担して行います。

これは塗装前の非常に重要な工程です。ここで妥協すると仕上がり全てに影響してきます。

透湿シートの取り付け

注入器でひび割れに樹脂を入れていきます。

エポキシ樹脂は接着剤のような性質があり、ひび割れに注入すれば再発防止につながります。

透湿シートの取り付け
透湿シートの取り付け

外壁の補修はひび割れだけでなく目には見えない浮きも補修します。

浮きとは表面のモルタルと内部のコンクリートが一体性を失いつつある状態のことを言います。

浮きを放置すると雨水などが入り込み劣化が進行し、衝撃を受けると剥離する原因になります。

なので、浮き部分前面にエポキシ樹脂を注入し表面と内部を接着させて一体化させます。

弊社の誇る経験豊富なスタッフ達は、このような目視に頼れない作業であっても正確に行うことができます。

ガラスクリーニング

開口部の取り付け

最後に窓ガラスのクリーニングを行います。

清掃は窓拭き専用の道具を用いて行います。

写真中で使用している道具は「スクイジー」と言い、車のワイパーのようにガラスと接するところがゴムでできていて洗剤で浮き上がった汚れを水と一緒に除去することが出来ます。

施工完了

外壁材の取り付け
外壁材の取り付け

ひび割れや浮きなどのトラブルは必ず起こります。

建物をより長く維持するためにメンテナンスは欠かせないのです。

ですが、一番大切なのはそれをいつ行うかです。

発見が遅れれば補修にはより多くの時間と費用が掛かってしまいます。

ぜひ皆様も、早期発見を心がけて辺りを見回してみてはいかがでしょうか。