公共工事 - 施工事例

岩手県警察学校生徒寮

施工のポイント

今回は、外壁の改修工事を行いました。

気温の変化や経年劣化により、モルタル、コンクリートはそれぞれ膨張と収縮を繰り返します。その結果、外壁の一部が剥がれ落ちてしまったり、浮いてきたりすることがあります。それらをそのままに放っておくと重大な剥落事故につながる恐れがあるため、症状が出たら迅速な改修工事が必要です。

住所 岩手県盛岡市
施工部位 外壁改修工事

施工前

施工前

今回、改修工事を行う建物がこちらです。

遠目からだと分り難いかもしれませんが、すでに外壁の剥離が始まっています。

岩手を守る未来の警察官たちが生活している施設です。

大規模な伯楽が発生するために施工を開始します。

胴縁(どうぶち)の取り付け

胴縁(どうぶち)の取り付け

胴縁の取り付けを行います。

胴縁とは壁の板張りやボード張りなどを受けるための下地部材のことです。

今回、取り付けたのは外壁との間に通気層を設けるための通気胴縁です。

下地がしっかりしていないとこの後の工程が全て無駄になってしまうので、取り付け後の確認もしかりと行います。

透湿(とうしつ)シートの取り付け

透湿シートの取り付け

胴縁の上から透湿シートを貼っていきます。

透湿シートとは、水は通さないが湿気は通す性質を持ったシートです。

これを貼ることで外部から水分が侵入することを防ぎつつ、内部に発生した湿気を逃がすことができます。

開口部の取り付け

開口部の取り付け

透湿シートに開口部を取り付けます。

これを取り付けることで湿気の出口が出来て、より効率よく外壁内の換気を行うことが出来ます。

外壁材の取り付け

外壁材の取り付け

胴縁、透湿シートと、開口部と外壁の取り付けを行うための準備が整いました。

外壁材を取り付けて行きます。

仕上げの工程ですが、気を抜くことなく丁寧に取り付けていきます。

取り付け完了後

取り付け完了後

全ての外壁材が取り付けられました。

外壁材どうしの間に隙間などがないかを最終確認も行います。

バルコニーの改修工事

バルコニーの改修工事@
バルコニーの改修工事A
バルコニーの改修工事B

外壁と同時にバルコニーの笠木を補修する防水工事も行いました。

笠木とは手すりや腰壁の丈夫に取り付ける仕上げ材のことです。

笠木には雨水が外壁に流れることを防ぐ防水効果、雷が金属部に落ちることを防ぐ避雷効果などがあります。

ですが、年数が経過すると痛む確率も高く、劣化が進むと防水効果が薄れ建物の早期老朽化に繋がってしまいます。

大規模修繕工事の際には、様々な箇所に取り付けられている笠木もしっかり調査し、補修を行っていきます。

施工後

施工後@
施工後A
施工後B

全ての工程が終了しました。

建物は常に風雨にさらされ少しずつ劣化していきます。

防水塗装などによって劣化を遅らせることができますが限界はあります。

なので、こまめな点検や補修は建物をより長持ちさせる上で最も大切な事と言えます。