個人住宅 - 施工事例

S様邸

施工のポイント・こだわり

外壁はこれまでのシルバーから、アイボリーホワイトへ。

玄関周りの外壁は、ドアの色に合わせ少し薄めの黒へ。

そして、日差しや雨風を受け色褪せた屋根は、光沢のある黒の美しい屋根へとそれぞれ生まれ変わりました。

住所 盛岡市
施工部位 屋根と外壁の塗装

1.建物調査

工事はまず、建物の調査から始めます。建物全体、外壁や屋根など細部の損傷状況を目視で確認します。地上からの確認が難しい屋根や雨樋などは、はしごを使って転落しないよう慎重に行います。確認と同時に、デジタルカメラで撮影します。

一見問題が無いようにうかがえますが(@)、外壁では薄黒い汚れや腐食による素材の剥がれ、またコーキング部分のひび割れが確認できます(AB)。

軒天や雨樋では、雨水による汚れやカビ・腐食が(C)、屋根では、塗料の色褪せ・錆・腐食が金具を含めて、それぞれ分かります(DE)。

これらは全て『住宅劣化』と呼ばれ、建物の経年劣化や天候によって起こる現象です。特に屋根においては、太陽光や雨・雪を受けやすく、材質によっては、数年で劣化してしまうこともあります。

弊社では、撮影した画像を記録・保存することで、施工箇所を明確にし効率の良い作業を行うことができます。また、お客様にも画像で建物の劣化状況を確認・把握していただき、適切な作業プランをご提示できる事と思います。

2.完成シミュレーション

弊社では、施工前に専用のソフトウェアを使用して、施工前の外観(左横)を基に、完成後の外観をシミュレーションすることが可能です(@A)。

カラーは自由に設定でき、外壁や屋根など色の組み合わせパターンをお客様にご覧いただき、仕上がりをイメージできるため、よりご納得いただけると確信しております。

3.施工前の準備

施工をする前には、必ず足場を設置し、飛散防止ネットの張り付けを行います。

これは周囲の建物や道路、住民に影響を与えないようにするだけでなく、作業員達が安全で効率的に施工ができるよう、こうした準備が必要なのです。

また、塗装完了後の品質にも影響します。

4.洗浄

足場などを設置した後、いよいよ施工に入ります。施工は、始めに洗浄から行います。高圧洗浄機を使用して、屋根や外壁などに付着した汚れを落としていきます。素材を傷めないよう、水圧や長さ・角度を調整します。また洗浄中は、屋根や足場が滑りやすくなるため、慎重に行います。

洗浄をしないまま塗装をすると、塗料が表面に密着できず、剥がれる原因になります。また、劣化も早まります。

5.屋根の塗装

(1)ケレン処理
屋根の洗浄と乾燥をさせた後は、いよいよ塗装に入りますが、その前に『ケレン』処理を行います。

『ケレン』とは、ヤスリや電動工具を使用して、鉄部の汚れや錆・古い塗膜を落とす作業の事で、最初にも紹介したように、トタン屋根は鉄製で錆が発生しやすいため、塗料の密着性が良くなるよう、ヤスリで表面に傷を付けます。

処理をしないまま塗装をすると、早い場合は2〜3年で剥がれてしまうこともあり、初期不良の原因にもなります。

(2)下塗り(錆止め)
塗装の工程は、一般的に“下塗り⇒中塗り⇒上塗り”の3つの工程で行われます。屋根においての『下塗り』は“錆止め塗料”を使用して、錆や腐食を防ぐ処理をします。左画像ではローラーを使って塗装をしていますが、雪止めなどの細かい部分は、刷毛を使って塗装します。

樹脂が固まったら上からモルタル(セメントと砂を水で混ぜた物)で塞ぎます。

(3)中塗り
次の工程『中塗り』は、一般的に次の上塗りと同じ塗料を使って行います。太陽光や雨・雪を直接受けやすい屋根は、強く保護して丈夫にするため、より丁寧な塗装が必要となります。

下塗り同様、ローラーと刷毛を使い分けて塗装を行います。

(4)上塗りと付随作業
塗装の最後の工程『上塗り』です。中塗りしたその上に塗装をすることで、塗料の膜を更に厚くして、耐久性・耐候性をより強めた美しい屋根に仕上がります。

また、屋根横の雨樋や破風も同じ塗色で塗装をし(D)、2階のコーナー部分には“スノーストップ”を新たに取り付けました(E)。

強い日差しが照り付ける中でも、職人達が黙々と塗装をしている様子がうかがえます(@A)。

B

C

6.外壁の塗装

(1)古いコーキング材の除去
外壁の洗浄を行った後、コーキング材の入れ替え作業を行います。『コーキング』とは、建物の防水性・気密性を保つために、外壁や窓枠の継ぎ目などに施工される建築材で、一般的にはシリコン系を使うことが多く、乾燥させると弾力性のあるゴム状になります。

まず劣化した古いコーキング材を、カッターを使って残さず丁寧に剥がし取ります。

全て剥がし取ったコーキング材は、他の建築廃材と混ぜないよう一つにまとめ処分します。

(2)新しいコーキング材の充填
取り除いた後、目地の外側をテープでマスキングして、『コーキングプライマー』と呼ばれる接着剤を目地に塗ります。

乾燥させた後、新しいコーキング材を注入します。

ヘラを使ってならします。

全て剥がし取ったコーキング材は、他の建築廃材と混ぜないよう一つにまとめ処分します。

(3)下塗り
コーキング作業後、塗装に入りますが、その前に窓や換気口に塗料が付着しないよう、ビニールで覆ってテープで固定します。工程は屋根と同様、『下塗り』から始めます。外壁の下塗りは、素材を雨風・汚れなどから保護し、『中塗り』・『上塗り』の時に、塗料をしっかり密着させる接着剤の役割を果たします。

(4)中塗り
外壁の『中塗り』の工程です。屋根と同様『上塗り』と同じ塗料を使って膜を付け、外壁を更に補強し、雨風や紫外線などからしっかり保護します。

(5)上塗り
外壁の『上塗り』の工程です。塗料の膜を更に厚くして、耐久性・耐候性を高めた美しい外壁に仕上がります。

7.その他の塗装

施工後A
施工後B
施工後B

屋根や外壁を塗装しただけでは、美しい外観は仕上がりません。特に玄関周りは、建物の美しさを左右するのはもちろん、家の住人の出入りやお客様をもてなす最も印象を与える部分です。

また、目にすることが少ない軒天も、塗装をすることで建物の美しさを引き立たせます。

施工後B

このように、職人達は細かな部分も決して見逃しません。それが、建物をより美しく仕上げるコツです。

8.施工完了

施工後@
施工後A

全ての施工を終え、完了した画像をご覧ください。

外壁はこれまでのシルバーから、アイボリーホワイトへ。玄関周りの外壁は、ドアの色に合わせ少し薄めの黒へ。そして、日差しや雨風を受け色褪せた屋根は、光沢のある黒の美しい屋根へとそれぞれ生まれ変わりました。

今後もご相談・アフターケアを含め、末永くお付き合いしていただければと思っております。

この度は弊社をご利用いただき、誠にありがとうございました。