アパート・マンション - 施工事例

リゾートマンション紫苑

施工のポイント

今回は、約4か月に及ぶ非常に大規模な工事でしたが、大きな事故も無く無事に全行程を終えることが出来ました。

後期が長引くことは決して悪いことではありません。

この4か月は、施工前の入念な調査、慎重で丁寧な作用、施工後の点検などを怠ることなく弊社のモットーである安心、安全で確実な施工を守って作業を行った結果なのです。

住所 岩手県盛岡市
施工部位 外壁修繕、屋上の防水、屋根葺き替え等

施工前全景

施工前

今回は、外壁の修繕、屋上の防水、屋根の葺き替え、ダクトフードの交換を行いました。

足場の組み立て

胴縁(どうぶち)の取り付け
胴縁(どうぶち)の取り付け

最初に作業場所の確保の為、足場を外壁に沿って組み立てていきます。
施工範囲が広い為たくさんの足場が必要でした。

組み上がったら、足場の外側にメッシュシートを貼ります。

メッシュシートは、風をよく通すため、風圧による足場の支柱への負担を軽減し、防炎性や飛来落下防止効果に優れ、しかも軽くて、取り扱いがスムーズですから安全で快適な作業環境をつくります。

1.マーキングを行う

開口部の取り付け
開口部の取り付け

修繕が必要な場所が一目で分かるように、赤い塗料で印をつけていきます。

一見すると小さな欠損でも、内部では大きな剥離が発生している場合があり、放置すると外壁が欠落する可能性があります。

そのため、この工程ではどんな小さな欠損も見逃すことが無いように、入念に調査を行います。

2.樹脂を注入する

外壁材の取り付け

調査とマーキングが完了したら、欠損内に注入器でエポキシ樹脂を入れていきます。

このエポキシ樹脂には接着剤の様な性質があり、欠損内に注入することで表面と内部を接着させて剥離の再発を防止します。

この工程は妥協すると仕上がり全てに影響するため慎重に行います。

3.モルタルで塞ぐ

取り付け完了後
取り付け完了後

樹脂が固まったら上からモルタル(セメントと砂を水で混ぜた物)で塞ぎます。

4.外壁の塗装

バルコニーの改修工事A
バルコニーの改修工事B

欠損部の補修が完了したら上から塗装を行っていきます。

塗装は一度だけではなく複数回に分けて行います。

これにより、塗装面と塗料がしっかりとくっつき、防水効果も最大限に発揮されるのです。

屋上の防水塗装

施工後A
施工後B

防水塗装は屋上やベランダなど風雨に直接さらされる部分に必要な塗装です。
様々な施工方法が存在しますが、今回は防水シートを貼っていく「シート防水」を行いました。

シート防水には施工後には人が歩くことができる、紫外線や熱に強い、低コストで済むなどの利点があげられます。

今回、施工に使用した防水シートには雨や結露などを通さず、内部で発生した湿気を外に逃がす性質があります。

ダクトフードの交換

施工後@
施工後A
施工後B

古いダクトフードを新しいものに交換します。

ダクトフードとは、通気口の中に雨水等が入ることを防ぐカバーの事です。

屋根の葺き替え

葺き替えとは、屋根の瓦・板などを新しいものと替えることを言います。

施工場所が高所なので、ヘルメットの着用や足場の確認など、今まで以上に安全に気を配った作業を心がけます。

1.屋根板の取り付け

施工後A
施工後B

元からある屋根材を撤去し、既存の屋根板の上に下地となる新しい板を取り付けていきます。
これにより、屋根の強度をより高めることが出来るのです。

2.下葺き張り

施工後A
施工後B

下葺きとは、先ほど取り付けた屋根板の全面に防水シートなどを張っていくことです。

3.新しい屋根材の設置

施工後B

防水シートの設置後、新しい屋根材を設置して葺き替えは完了となります。

監督員検査

施工後@
施工後A
施工後B

各施工場所の施工が完了したら、監督員による検査を行います。

監督員とは注文者の代理人として、工事が工程表や設計図通りに進んでいるかを監督する人のことです。

施工後

施工後B

今回は、約4か月に及ぶ非常に大規模な工事でしたが、大きな事故も無く無事に全行程を終えることが出来ました。
後期が長引くことは決して悪いことではありません。
この4か月は、施工前の入念な調査、慎重で丁寧な作用、施工後の点検などを怠ることなく弊社のモットーである安心、安全で確実な施工を守って作業を行った結果なのです。