岩手県内のお家の屋根・壁の塗装から、アパート・マンション・店舗・病院の改修までおまかせください!

塗替えのタイミングと耐候年数について

一般的な塗替えのタイミング

外壁や屋根塗装は時期が来ると行わなければなりません。

外観をきれいな状態に保つことも必要ですが、もっと大事な意味合いがあります。それが「塗膜の保護」です。

塗膜とは、外壁や屋根を塗装する際にできる塗料の膜で、この膜が紫外線や風雨から建物を守る役割をしています。

塗装を検討する時期は、新築時または前回の塗装から約10年が目安とされます。ただし、劣化の状況によって期間は前後しますので、塗装のタイミングが重要となります。

塗料の種類による耐候年数

一般的な塗料の耐候年数によって塗替えのタイミングが分かります。

塗料の種類耐候年数
ウレタン約7年〜8年
シリコン約9年〜10年
フッ素約12年〜15年
無機約13年〜20年

※耐候年数は、環境や素地の状態などによって異なります。

お家の「塗替えサイン」をチェックする

お家の「塗替えサイン」は、屋根と壁をあわせて、主に「8つ」あります。

「塗替えサイン」が出ていたら、防水性能や素材の保護機能が低下してきている状態です。

放置することで、下地の構造部材まで劣化が進行します。

代表的な劣化症状とあわせて、お家の状況をチェックしてみてください。

屋根の塗替えサイン

コロニアルやセメント瓦

  • カビや苔の付着
  • 塗膜の剥がれや色褪せ・素材の割れや欠け

カラー鋼板・トタン

  • さびの発生や塗膜の剥がれ
  • 色褪せや艶の低下

屋根の代表的な劣化症状を見る

外壁の塗替えサイン

  • サイディング継ぎ目のシール材のひび割れ
  • 素材のひび割れや欠け(モルタル・サイディング)
  • 仕上げ表面の汚れ・苔やカビの付着
  • 仕上材の粉化(チョーキング)

壁の代表的な劣化症状を見る

屋根・外壁 セルフチェックシート

あなたのお家は大丈夫?

当てはまる項目をチェックしてください。

ひとつでも該当するものがあれば、無料診断をお勧め致します。

※屋根等は危険ですので無料診断をご相談下さい。

屋根・外壁セルフチェックシート(PDF形式)

代表的な劣化症状について

屋根の劣化症状

色褪せ・艶低下
塗膜の剥離
サビの発生
藻や苔類の発生
ひび割れ

外壁の劣化症状(モルタル)

ひび割れ
チョーキング
塗膜の剥がれ

外壁の劣化症状(サイディング)

ひび割れ
チョーキング
サイディングの浮き
塗膜の剥がれ
コーキング剤の劣化

お家の健康診断

無駄な工事をせず、家を長持ちさせるため、お家にも健康診断が必要です。

(お客様からご依頼いただいた場合にのみ、お伺い致します。)

  • 正確な診断
  • 必要な工事と範囲・内容の判断
  • 的確な材料選定
  • 良質な施工
  • 安心で長持ち

お問合せはこちらから